農場の計画


1.ブロードキャスタを利用したシュタイナー農業の実践
現在のプログラム
地球と地球に関わる天体の重力、物質の振動に対して自然に近い環境性能を圃場に作り出すために稼働している。


 その他、皆さんもこんなプログラムを実践してみてはという希望がございましたらぜひ追加で行わせていただきますので、ご連絡ください。

 ただし、周りに悪影響を与えたり誹謗中傷の道具としては一切使用出来ませんのでご注意ください。


2.QESの運用
心豊かな農産物、そして心豊かな人を育んで行くためにQESを運用しています。
 変更予定プログラム
現在の状況からさらに進んで、より安全な農産物を作るためのプログラム追加を予定中

3.アトリオーの運用
安定した気候実現のために運用させていただいています。

4.イヤシロチを作る
 大地の環境整備を行うことで肥料や農薬等を減らしたり使わなくても作物たちが健康に生育できるための圃場試験を行っています。

5.健康を維持することに役立つこと、食べた瞬間においしいと感じていただける事の出来る農産物の選定、品種改良や新品種の交配、開発及び種の保全を行い、よりよい食の提供のための取り組みを行います。

 新品種の育成を一緒に行ってみませんか、ご連絡をお待ちしています。
 問い合わせ先 すぎやま農場まで

6.おいしい食の提案を私たちとお母さんたちを中心とする食のプロフェッショナルの皆様との協働作業で開発したいと考えています、皆様どうかご協力をお願いいたします。

2016年に日本栄養給食協会の皆様が農場生産の大豆を原料としたおとうふで日本一となりました、おめでとうございます。