平成29年産有機原料10割のもち千年の舞は宮城県名取市の耕谷アグリサービスに委託を行い製造されています、なぜ宮城県なのかというとあの3.11当時佐藤組合長率いる生産組織も餅の加工施設及び乾燥施設以外のすべてを津波で失っています、同じ農業を行う仲間としてすぎやま農場が出来ることは作業を委託することで少しでも津波被害からの復旧にお手伝い出来ればと言う思い、そして何よりアグリサービス餅作り担当のお母さんたちの丁寧で美味しいお餅を作ってくれる高い技術力があるためです。 皆様にも有機農業から生まれてきた農産物と宮城の名取市でがんばっているお母さんたちの真心で作られたお餅をご堪能いただけましたらとてもうれしいです。